認定臨床研修施設について

認定臨床研修施設の申請方法

認定臨床研修施設の認定基準

1. 手外科疾患を対象とした診療実績の延べ人数が前年の1年間で1,200人以上であること。
2. 認定臨床研修施設Aは、認定臨床研修の指導にあたる認定ハンドセラピストが1名以上常勤していること。
3. 認定臨床研修施設Bは、認定臨床研修の指導にあたる認定ハンドセラピストが1名以上非常勤で1週間に4時間以上勤務していること。
4. 認定臨床研修課題に基づく研修ができること。
5. 日本手外科学会が定める手外科専門医が指導する認定研修施設であることが望ましい。

上記の認定臨床研修施設の認定基準を満たし、認定臨床研修施設の認定を希望される施設は、日本ハンドセラピィ学会認定臨床研修委員会に認定臨床研修施設の申請を行って下さい。

申請書類

申請時には以下の必要書類を提出してください。
(1) 認定臨床研修施設申請書(様式:臨-1号)
(2) 認定臨床研修施設情報(様式:臨-2号)
(3) 指導にあたる認定ハンドセラピストの在職証明書(様式:臨-3号)
(4) 指導にあたる認定ハンドセラピストの認定証の写し

申請先

〒192-0002 東京都八王子市高月町360番地
東京手の外科・スポーツ医学研究所 ハンドセラピィ室内
認定臨床研修委員会事務局 阿部幸一郎
TEL:042-692-1115 FAX:042-692-1241

認定臨床研修施設の認定

認定臨床研修委員会が認定臨床研修施設として適当と認めた場合、認定資格審査委員会の議を経て、理事会での承認をもって認定します。
認定臨床研修施設に認定された施設は、本ホームページ上に施設名および認定臨床研修指導者名を公示するとともに、本学会理事長より認定臨床研修施設認定証が発行されます。

認定臨床研修施設の認定更新

認定臨床研修施設の認定有効期限は5年です。
認定臨床研修施設の認定を更新する施設は、初回申請手続きと同様の方法で認定有効期限6か月前までに更新手続きを行って下さい。

認定臨床研修施設の認定失効および辞退、取り消し

1. 認定臨床研修施設の認定失効
認定臨床研修施設は、認定有効期間内であっても認定基準を満たすことが出来なくなった場合、認定有効期限が過ぎても更新手続きを行わない場合、認定は失効されます。
2. 認定臨床研修施設の認定辞退
認定臨床研修施設は、認定有効期限内であっても認定臨床研修委員会に認定臨床研修施設辞退届け(様式:臨-4号)および認定臨床研修施設認定証を提出し、認定を辞退することができます。
3. 認定臨床研修施設の認定取り消し
認定臨床研修施設は、認定有効期限内であっても認定臨床研修委員会が不適格と判断した場合は、認定資格審査委員会の議を経て、理事会での承認をもって認定を取り消すことができます。

認定臨床研修施設に関する書類